「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム

「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウムは,センサ・マイクロマシン技術のさらなる発展を目標に,学・協会を超えた研究グループ間の情報交換,研究成果およびアイデアの討議の場として開催される,当該分野における日本最大のシンポジウムです。

会期中は,前回までの日本機械学会マイクロ・ナノ工学部門主催の「マイクロ・ナノ工学シンポジウム」,応用物理学会集積化MEMS技術研究会主催の「集積化 MEMSシンポジウム」,そして今年新たに,化学とマイクロ・ナノシステム学会主催の研究会が加わって,同時開催されます。 またエレクトロニクス実装学会との連携セッションも開催されます。 本シンポジウムに参加登録すると,これらの同時開催シンポジウム・セッションにも参加することができます。

昨年に引き続き,一般投稿を基本的にポスター発表のみとすることで,密な議論の場を提供いたします。 また,魅力的な基調講演に加え,テクニカルツアー,技術展示,研究者交流企画なども予定しております。 皆様からの積極的な投稿とご参加をお待ちしております。

What's New

2018/5/2
センサシンポジウムの発表申込の受付を開始しました。

会期:2018年10月30日(火)~11月1日(木)

10月29日(月)午後テクニカルツアー予定
(JR北海道苗穂工場および関連施設(北海道鉄道技術館など)参加無料 定員 先着50名)

会場:札幌市民交流プラザ

札幌市中央区北1条西1丁目
TEL: 011-242-5800
http://www.sapporo-community-plaza.jp/access.html

同時開催シンポジウム

学会の垣根を越えて研究者が集い,議論を行う場として,以下のシンポジウムを同じ会場にて同時開催しています。 論文は別々に募集・表彰していますが,プログラムは2学会の連絡会議で連携して構成しています。 1つのシンポジウムに参加登録すると,センサシンポジウムと同時開催シンポジウムの全てに参加することができ,論文集も配布されます。
論文投稿の締切,論文のフォーマット,表彰制度などはシンポジウムにより異なっております。

  • 日本機械学会マイクロ・ナノ工学部門主催 第9回「マイクロ・ナノ工学シンポジウム」
  • 応用物理学会集積化MEMS技術研究会主催 第10回「集積化MEMSシンポジウム」
  • 化学とマイクロ・ナノシステム学会主催 第38回研究会

投稿論文スケジュール

発表申込締切 5月28日(月)正午
採否結果通知 7月20日(金)予定
講演論文締切 8月17日(金)正午
速報申込締切 9月 7日(金)
口頭発表通知 9月14日(金)予定

問合せ先

第35回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム事務局
株式会社セミコンダクタポータル
Tel: 03-5733-4971
sensorsympo_2018@semiconportal.com